体型コンプレックスは着る服次第でチャームポイントに変わる!

体型コンプレックスをチャームポイントに変える

体型にコンプレックスを持っている人は結構います。一見スタイルがよくて悩みなどなさそうに見えたり、他人から見てステキだなと思っているところにコンプレックスを持っていたりします。若い女性であれば好きな服を着たい気持もあるでしょう。あの服が着たいけど足が太い、ぽっこりお腹が気になる、大きいお尻が気になる…。体型コンプレックスは服選びで印象をガラリと変えることができます。

体型コンプレックス別服の選び方

体型の悩みを服でカバーするには、まず、全身をシルエットとして見るのが基本です。パーツで見ているとどうしてもそこに意識が集中しがちですが、引きで見た時の全体のバランスを見ると、コンプレックスに感じていた部位がチャームポイントに変わることもあります。チュニックは体のラインが隠れるので体型カバーできると思いがちですが、胸が大きい人や、ぽっこりお腹の人、お尻が大きい人が着ると、かえって太って見えたり、野暮ったく見えたりします。胸が大きい人はデコルテを見せたほうが映えます。VネックやUネックのカットソーやニット、柔らかめの素材などシンプルなトップスがおすすめです。ぽっこりお腹の人は、お腹が隠れるトップスを選びがちですが、むしろ体のラインに沿ったものを選んだほうが、バストやウエストのラインが強調されるのでぽっこりお腹に目線が行きにくくなります。お尻が大きい人はひざ丈やミニのタイトスカートやフレアスカートがおすすめです。足が太い人はロングスカートより、むしろミモレ丈のスカートのほうが映えます。ヒールのある靴でバランスを調整するといいでしょう。
こちらも注目!小型で小さいウォーターサーバーを比較

体のシルエットによって服選びが変わる

体型のシルエット別で服を選ぶとどうなるでしょうか。上半身が華奢で下半身がふくよかな洋ナシ体型の人は、上半身と下半身のバランスをとるだけで印象が変わります。フリルややわらかい素材など、ボリュームのあるトップスに、タイトなボトムスを合わせるようにするとバランスが取れます。
肩幅が広く体幹に脂肪がついてふくよかだけど、ヒップなど下半身は華奢なりんご体型の人は、お腹をカバーしつつ脚を見せるスタイルがいいでしょう。Vネックなどでデコルテを出すとすっきりして見えます。バストとヒップがふくよかでウエストが欲しいメリハリのある体型の人は、トップスもボトムスもぴったりしたラインのものがおすすめです。Aラインのスカートはふくよかな下半身が悩みの人におすすめです。靴やヒールの高さでも印象は変わります。いろいろ試着して、どんなものが自分に似合うか試してみましょう。